空 が 青い 理由。 空の色はなぜ青いの?夕焼けや海の色の理由を解説!

空はどうして青色なの? 気象予報士が理由を解説 (2021年5月8日)

😆 この虹の7色のうち、 青い光が他の色に比べてちりばりやすい性質をもっています。 浅い場所であれば、赤色は吸収されてしまいますが、黄色や緑色が残ります。

5

実は「秋の空」が「夏の空」よりも青い理由

🙌 このとき、光の通り道に浮かんでいるのがホコリや水滴ではなく、もっとずっと小さな粒…つまり空気の分子(正しくは揺れ動いている空気分子)のようなものだと、「レイリー散乱」と呼ばれる特別な散乱が起きます。 晴れた日中に空を見上げると青く見えるのは、このためです。 その光の中で青系の光ほど波長が短く、何か物に当たると散らばりやすいという性質があります。

6

【解説】空が青いのはレイリー散乱、雲が白いのはミー散乱。

☭ 以上が「空が青い理由」についてでした。 これらの目に見える色の光はそれぞれ 波長の長さが違います。 太陽光が無色透明に見えるのは、これらの光が全て混ざり合っているからなのです。

15

空が青い理由は?子供にこう説明しました。|イチのメモ帳

♻ では、なぜ海は青いのでしょうか? 海や空が青く見える理由や、夕焼けが赤い理由. 日本列島は、春から夏は南の太平洋から、秋から冬は大陸から高気圧が移動してきます。 地球は大気に覆われていますが、この大気中にはゴミや水分などを含めて、様々な小さな粒子が漂っています。 インターネットで簡単に調べられる時代にはなりましたが、より専門的なことを知りたいなら、分かりやすい書籍が手元にあるとよいでしょう。

14

【解説】空が青いのはレイリー散乱、雲が白いのはミー散乱。

👌 光が吸収されたり、反射されたりする量は、ものによって違います。 水分に含まれる不純物などが多ければ、より青や緑の光を反射し、 不純物などが少なければ、反射される光も薄い色(水色)などに変化してきます。 そして、波長が短い光は、粒子にぶつかりやすく、散乱されやすいという特徴があり、波長が長い光はその逆となります。

10

「空が青い理由」説明できますか?

😔 光の色が、青に近ければ近いほど波長が短く、赤に近ければ近いほど波長が長い、という性質があるのです。

5

空が青い理由は?子供にこう説明しました。|イチのメモ帳

☢ しかし、宇宙の色は夜の空と同じ色のはずだし、光の源となる太陽が青く輝いているわけでもない、と考えると、空の色ってとても不思議ですよね。

14

【解説】空が青いのはレイリー散乱、雲が白いのはミー散乱。

🤛 続いて、空はなぜ青く見えるのか考えてみましょう。

7