世に 倦む 日々。 世に倦む日々, 新装版 世に棲む日日 (1) (文春文庫)

「世に倦む日々」も「きっこのブログ」も藤井誠二も大谷昭宏も、同じ穴のムジナ : デジタル鹿砦社通信

🔥 前回のブログで、国民が昂奮して安倍元号祭りに狂喜乱舞している図から一変して、 『瓢箪から駒の抱腹絶倒の歴史が作られましたね。 そして、自分が書いていると名乗っている人がいるという指摘。 あの頭がギシギシと締め上げられる苦痛の中で、職場の病院のシフトに行き、重症のコロナ患者を治療し、危険な呼吸器の付け外しをし、防護服と手袋を着脱した看護師たちの心身疲労はどれほどのものだっただろうと思う。

4

世に 倦む 日々

🤞 「世に倦む」選書15冊の続きを。 「梅花の宴」の序文は王羲之の『蘭亭序』のエミュレーションであり、字句は張衡の『帰田賦』を踏んだオマージュのだった。

9

世に倦む日日

🙌 胃炎はコロナのストレスからというより、不眠症が原因で派生したものだった。 安倍晋三がどうしてもこれにしたいと欲望する新元号を、それはだめだと阻止できるのは皇室(東宮)しかない。 リークのレベルだが、ここで「安」入り元号がボツになったことが伝えられた。

ストレスと不眠症の苛み

☝ 記事はそれなりの反響を呼び、狙いどおりの標的を射抜き、いわば「筆撃」となる言論の成果と報償を得た。 ついでにまとめておく ・ジョージ・ソロスはBLM Black Lives Matter に資金を出している。 何となれば、は「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動」の賛同者だからだ。

10

ストレスと不眠症の苛み

🙏 「世倦」は陰謀論を連発していて、これを書いている人はどう考えても妄想家であり、そこまで藤井は重症ではない。

田中宏和 (ブロガー)

🙄 2日のTBSワイドショーに出演した田崎史郎がを披瀝し、「令和」が元号案として登場したのは3月20日頃とかなり遅く、安倍晋三が気に入る案がなく再提出を依頼した結果、出てきたのが「令和」だったと語っている。 専門家会議の欺瞞の暴露と告発。

田中宏和 (ブロガー)

💓 さて、今朝(29日)のモーニングショーを見ていると、また押谷仁が出て来て、PCR検査を全国民にやるのは意味がないと発言していると、玉川徹が批判する場面があった。 藤原の世の終わりを願ったうた…という…二重に安倍政権呪われてるw。 いずれにせよ、中西進が正式に委嘱を受けたのは3月中旬であり、辛辣な皮肉が含意されているとしか思えない「令和」が提案され、時間切れで安倍晋三が採用して4月1日を迎えた。

8

「世に倦む日々」も「きっこのブログ」も藤井誠二も大谷昭宏も、同じ穴のムジナ : デジタル鹿砦社通信

👆 ところがそれは今の日本会議や安倍政権の映し鏡の藤原の世を憂いた真っ当な人達の歌だったという… 自ら、政権批判の呪に乗ったわけだ。 また、不眠症についてどの窓口でどう説明すればよいか確信を持てず、果たして投薬で即完治できるのか、薬で治療する方法がよいのかどうか、躊躇して迷っていた事情もある。

7

田中宏和 (ブロガー)

☎ また新装版 世に棲む日日 1 文春文庫 もアマゾン配送商品なら レビュー数: 0 世に倦む日々, 世に棲む日日 『世に棲む日日』(よにすむひび)は、司馬遼太郎の長編 歴史小説。 彼も、日頃のリベラルな論調はどこへやら、社会防衛のために犯罪者を死刑にするのは国民の権利だと叫ぶ。

12