デニス ベルカンプ。 ガンプ (デニス・ベルカンプ)【PS】

デニス・ベルカンプはなぜ天才と呼ばれたのか? 究極に達したトラップの技術と芸術的ゴールの理由【アーセナル伝説の2トップ(3)】(フットボールチャンネル)

🙃 TOP30• ドリブルを仕掛けることを警戒すれば、虚をつくようなミドルが飛んでくる。 ヨハン・クライフを筆頭に、マルコ・ファン・バステン、フランク・ライカールト、エドガー・ダーヴィッツ、クラレンス・セードルフ、パトリック・クライファートなど名前を挙げればキリがないが、中でも、クライフと並ぶレジェンドとしてファンに記憶されているのが、表情ひとつ変えずゴールを量産する姿から「アイスマン」と称されたデニス・ベルカンプである。

1

デニス・ベルカンプのすごさを改めて確認してみました

☝ キャリアのスタートとして、アヤックスのユースチームに入団する。 中心がわかれば、中心を外すこともできる。

5

デニス・ベルカンプとは (デニスベルカンプとは) [単語記事]

⌚ 1995年にに移籍しチームの中心として活躍。 そして、ベンゲルは誰よりもベルカンプの才能と技術を高く評価し、チームにとって唯一無二の必要不可欠な存在として認めていた。 お互いが長所を消し合うような戦術戦で退屈だったが、それでもアーセナルには黄金時代の面影がうっすらとだが見えた。

8

【コラム】世界に羽ばたく選手たちが追い掛ける、デニス・ベルカンプという男の背中

✇ 17歳の時、ハイレベルなテクニックがヨハン・クライフの目に留まり、トップチームへの昇格を果たした。 マークについていたDFも飛び出したGKも為す術なく、ボールはゴール右隅に流し込まれた。

8

デニス・ベルカンプはなぜ天才と呼ばれたのか? 究極に達したトラップの技術と芸術的ゴールの理由【アーセナル伝説の2トップ(3)】

😊 のちにアーセナルのエースに成長し、マンチェスター・ユナイテッドでも活躍するファン・ペルシーは、ベルカンプを彷彿とさせる空間認知能力を武器としていた。 ロベルト・バッジョとミカエル・ラウドルップがそうだった。 そのシュートマップには、中距離から積極的に狙っていくスタイルが反映されている。

9

デニス・ベルカンプ『やる気のない奴は削った/最高の選手はズバリ』

♻ ゴールに背を向けたベルカンプは、ライナー性のパスを左足インサイドに当て身体の右側にふわりと浮かせて背負っていた相手の右側を通す。 得点記録:37得点(歴代4位)• 悪質なタックルやファウルを犯したりね。

14